絶対に必要なわけではない

ゲームする人

これからゲームデザイナーになる場合には、ゲームデザイナーの資格が必要になるか問題になります。基本的には、ゲームを作る時絶対に資格がなければならない訳ではありません。ほとんどの人は、最初からそのようなものを考えておらず現在のような形の仕事をしているわけです。それにもかかわらず、資格が必要とされている理由は就職するときにあります。就職をするときは、学校の成績も必要になりますがそれだけではなく、実際にどのような能力を持っているかあるいは知識を持っているかが試されます。これを相手に証明するためには、資格を取得しているかどうかが重要になるでしょう。これを所有していれば、安心して相手側の企業も採用することが可能になります。もちろんだからといって、何も持っていなければ採用されないかといえばそのようなことはないでしょう。ただ若干有利になるという意味においては、それなりに重要なものと理解できるはずです。

どのような種類のものがあるか

コントローラー

ゲームデザイナーになるには、資格を必要と考える人もいるでしょう。会社によっては、それを持っているほうが有利に作用してくれるため、少しでも下駄を穿いた状態で試験を受けたいものです。では実際にどのような種類があるかといえば、一つはCGクリエーターと呼ばれるものです。最近はパソコンを使って本格的にでも作るようになっていますが、クリエーターの資格を取得していれば、基本的なことは身に付いているはずですので、会社に入ってから様々なことを覚える必要はありません。ある意味即戦力も可能になります。実際に即戦力にするかどうかは別として、会社としてもよほど躰的に余裕がない限りはすぐに役に立つ人を採用したいと考えるでしょう。そしてこのような資格を取得している人はあまりいませんので、それを取得しているだけで実はとても有利になります。二つ目は、色彩検定と呼ばれるものです。色遣いは人に与える印象を大きく変えます。例えばあるゲームも真黒な背景よりも明るい色のゲームの方がイメージがよいといえます。このように、色彩を一つとっても実際には人に与える影響が大きく異なると言えます。そこで、色彩検定を取得しておけば、そのゲームのデザインと比例してどのような色合いにするかが変わってくるところです。結果的に、会社に採用されやすくなるだけでなく、会社に入ってからもこのような検定を取得しておけば、実務として役に立つはずですので取得しておきましょう。

バンタンデザイン研究所

高卒資格の取得も可能です♪マンガを学べる高校です

バンタンデザイン研究所

専門技術をプロの講師に学ぶマンガが学べる専門学校