HOME>イチオシ情報>絵を描いてストーリーを作る才能を磨きプロデビューをするための近道

プロになる近道

絵を描く

人気のアニメやマンガがたくさん世に出ている日本では、マンガ家を目指す人もたくさんいます。デビューするためのプロセスとしては、自分で書いて出版社に持ち込む、雑誌に投稿しデビューを狙う、などです。しかし、プロになるためにはそれなりの技術が必要です。いくら絵が上手でも、絵を描く力や、ストーリーを書く力なども身につけなくてはなりません。独学で学ぶ人も多いですが、実はマンガの専門高校というものもあり、そこに進学してみるというのも良いでしょう。マンガの専門高校では、マンガで使用する道具の使い方を始め、ストーリーの作り方、効果の書き方など様々なことを学べます。

受験は簡単

絵を描く

マンガの専門高校へ行くために、特別な試験はありません。受験資格は、絵を描くことが好きなこと。全くの未経験からでも、強い気持ちがあれば簡単に入学することは出来ます。大切なのは、入学後もその志を忘れずに努力を続けることです。また、最近多くなってきている、ウェブマンガの技術も磨くことが出来ます。パソコンを使ってマンガを描く方法やCGの作り方なども学べるので、将来的にそのような技術者のニーズが高まってきたとき、重宝されるでしょう。

進学するメリット

絵を描く

マンガの専門高校に通えば、プロデビューの近道とも言われているアシスタントの仕事ももらえるかもしれません。プロのマンガ家の元でアシスタントを行えば、より自分にとってためになりますし、先生に自分のネームを見てもらうことも出来るかもしれません。また、同じ志を持つ仲間たちと切磋琢磨することで、より向上心が増し、技術の上達につながります。本気でプロになりたいと若いうちから考えている場合は、マンガ専門高校へ進学して技術を磨いてみましょう。